年代限定の婚活パーティーに参加

35歳の自分も参加しやすい「年代限定婚活パーティー」

35歳の自分も参加しやすい「年代限定婚活パーティー」みんながカップルになって自分だけあぶれてしまったらどうしよう、、、カップリングされなかった人への配慮も嬉しい司会者のリードでみんなが楽しめるオトナの婚活パーティー

私は30代後半のOLです。
そろそろ周りは結婚・出産で落ち着いてしまい、以前はちょこちょこあった合コンへのお誘いもなくなってしまったため、本腰入れて自力で婚活をすることにしました。
私は結婚願望が無かったわけではないのですが、彼氏はできても結婚まで至らず、周りも割と晩婚が多いので30代前半は20代と変わりない生活をしていました。
でも、35才前後から周りがバタバタと落ち着き出し、気付けば取り残されていて、のんびり構え過ぎたと後悔しました。
いざ、婚活をしようと思ったものの、結婚相談所は私は仕事が不規則で急なアポイントが入ることも多いので、定期的に出向くのが難しいためちょっと荷が重いかなと思い、気軽に参加できる婚活パーティーならばと惹かれました。
でも、30代後半の女性が初めて一人参加するのも浮いてしまうかなという心配もあり、20代のピチピチの女性たちと並びたくないという年齢的なひけめもあったため躊躇する気持ちもあったのですが、「年代限定パーティー」を発見しました。
そのパーティーは30代後半以上が参加資格となっているパーティーで、30代後半以上ならば誰でも参加できるのですが、実際には30〜40代がほとんどでした。
女性は30代後半〜40代前半が最も多く、男性は40代前半が最も多く、40代後半もちらほらいる感じでした。
この参加資格の中では私は若い方なので、気兼ねなく堂々と参加することができました。

アラフォーの男が婚活パーティーに参加してみました

今年で41歳になります。
学生時代からまともに女性と接点がなく、華やかさとは無縁のままアラフォーを迎えてしまいました。
それでも正直なところ最近まで焦りは全くなかったのですが、父親の顔をしている同年代の男友達を沢山見ている間に、私もどんどんと結婚願望が湧いてくるようになったのです。
そこでかなりの勇気を振り絞り、思い切って婚活パーティーへ参加してみることにしました。

つい先日のことですのでまだ記憶に新しく、新鮮な気持ちでいっぱいの状態です。
まず今回私は、結婚相談所の主催する婚活パーティーに申し込みをしました。
規模としては男女合わせて40人ほどのもので、恐らくは平均的な規模だったと思います。場所はホテルの1フロアを貸し切って行われていました。
受付を済ませ部屋に入ったときの緊張感は、言葉に表せないようなものでした。
無論全員が初対面ではあるのですが、パートナーを探すために同じ場所に集まっているわけです。
その状況が不思議でしょうがなく、初めは本当にここからカップルが生まれるのかと半信半疑でした。

時間が来ると担当者の方から参加者へ段取りの説明がされ、いきなりフリートークから始まりました。
このときの戸惑いも鮮明に覚えています。
合図と共に積極的に動く女性や、私と同じように立ち尽くす男性、反応は十人十色でこれもまた不思議でした。
この動向だけで、こういった場に慣れているのか一目瞭然だったのです。
参加者の年齢も様々でした。
意外だったのは私と同じ年代の女性はあまりおらず、平均年齢で見ても女性陣の方が圧倒的に若かったということです。
やはり婚活への意識は、女性の方が早くから持つのでしょう。
年の近い女性と話すのは緊張するので、私にとってはこの年齢差は嬉しかったです。

開始10分ほどはまともに行動できなかった私ですが、何のためにここへ来たのかと自問自答をし、少しずつ女性に話し掛けられるようになっていきました。
面白いものでたった10分で人だかりができるほどの人気者もいれば、私のように周りに誰もいない人もいるのです。
私は自分と似た状況に置かれている女性を中心に、会話を楽しみました。
フリートークの時間は1時間弱ありましたが、気が付くとあっという間に終わっていました。
このときの感想としては、アラフォーでも全然問題ないなというものです。むしろ貯蓄面や精神的安定の部分から、年上を好む女性は多いようです。
私も最終的には様々な女性と関わることができ、これまでの女性と無縁な人生が嘘のような時間を過ごせました。

フリートークの後は、決まった異性を指名して一緒の時間を過ごせるルールとなっていました。
私はその少し前から気になっていた女性を指名させてもらったのですが、フリートーク中に頑張った甲斐あってすぐに承諾してもらえました。
このときには、実はもう既にかなり惚れ込んでいたのかもしれません。
他愛もない話を中心に、時間いっぱいその女性と一緒にいることができたのです。

そして婚活パーティーの最後には、カップリングの時間が待っていました。
要は告白タイムといった感じです。
私は先程の女性にアタックをし、晴れてカップルになれました。
告白に一切の躊躇いはなく、このときの私は人生で最も女性に積極的になれていたように思います。
これも婚活パーティーだからこそ得られた変化だったのでしょう。
結果としてたった1回の参加で、私はかけがえのないパートナーを見つけることができました。

婚活と聞くとギラギラした競争のようなイメージを持つ人もいるでしょうが、実際に経験してみると穏やかな空気感で楽しかったです。
それにアラフォーの男性にも十分な居場所があり、肩身の狭さを感じることもありませんでした。
参加して良かったという気持ちしかありません。
ここで出会った彼女を、ずっと大切にしていきたいです。